先日、ニューボーンフォト協会Twitterにて【頬杖ポーズの合成写真について】発信致しました。

頬杖ポーズ合成写真

記事をみたママがニューボーンフォトこのポーズ見かけていつも赤ちゃん可哀想…って思ってて私はやらん!って思ってたけど合成だと知って安心した」とリツイートしていただ、ママに伝わったことで発信することが大切だと改めて思いました。

その後、NPO法人きびる 代表の野口和恵様にもリツイートいただきました。

代表野口和恵様より掲載許可をいただいたので紹介させていただきます。

Twitterより

かずちゃん@妊娠出産子育てで悩むママのサポーター Twitter @kaz_kibiru

かずちゃん@妊娠出産子育てで悩むママのサポーター
Twitter @kaz_kibiru

野口様は、ICU看護師、助産師を経て看護学校講師・訪看ST・障害児通所施設経営をされています。

Twitterにて発信されている内容を下記に掲載いたします。

ニューボーンフォトで注意すること

1.姿勢
赤ちゃんの頭は大きく重いので手で頭を支えるようなことはダメ

2.体幹
赤ちゃんは横隔膜を上下して呼吸を補助してるからおくるみで締め付けるのはダメ

3.専門家
監修にプロがいるのがいいよ

泣いたりぐずったら中断してね

——————————

わたなべうに
頬杖ポーズを撮影するために、頭を支えること自体が赤ちゃんに負担がかかっていることだと判ります。
また、フォトジェニックを追求するために、おくるみをきつく巻き、体を小さく見せることも負担がかかっています。
撮影を希望されるママは、これらの事をちゃんと理解しているカメラマンに依頼しましょう。

今迄にアップした、大切な情報をブログに纏めました。
私のプロフィールに、webアドレスを掲載しておりますので、TOPページよりブログへお進みくださいませ。

https://watanabeuni0510.wixsite.com/photo/blog

ニューボーンフォトグラファー わたなべうに