運営のたけみきです。質問が届きました!

ニューボーンフォトをSNSでみかけ、私も撮ってみたいと思い、カメラを購入しました。

ニューボーンフォト協会の認定講座を受講するとすぐにニューボーンフォト撮影できるようになりますか?

回答させていただきます。

本記事の内容

①回答

②ニューボーンフォト撮影する為に最低限度必要なこと

③不安なことを解消してニューボーンフォト撮影にのぞむ

①回答

協会ではニューボーンフォト基礎講座「新生児の知識」があり、新生児の身体的・生理的特徴・心を学びます。

日本の赤ちゃんの身体的・生理的特徴・心を理解することができるので、接し方がわからずドキドキして怖い。という不安な気持ちはなくなりますが、やはり経験を積み上げていかないと当然スムーズに撮影できません。認定講座を受講していただき日本の赤ちゃんのことを理解する事でしっかりと赤ちゃんと向き合う事ができます。撮影中は赤ちゃんと集中して向き合う事の方がカメラを構えて撮影する時間より長いです。

ニューボーンフォト撮影に関しては、カメラマン歴が長くベテランだからといってすぐに撮れるわけでもありません。日常生活で新生児を触れる機会がないので、カメラ初心者であってもベテランカメラマンであっても、スタート地点はほぼ同じなのではないでしょうか。

②ニューボーンフォト撮影する為に最低限度必要なこと

知識・・・赤ちゃんの身体的・生理的特徴・心を理解した上で撮影することが最も大切な事です。お部屋の温度を気にせずに赤ちゃんを撮影したらどうなるでしょうか。赤ちゃんは体温調整ができますか?寒いと泣きますか?暑いと泣きますか?なぜCカーブをつくると赤ちゃんは落ち着くのでしょうか?お着替えする為にベッドに寝かしたら急に泣いてしまったのはは何故でしょうか?

上記のような事を知っていると赤ちゃんと向き合った撮影ができます。緊張や不安はママにも赤ちゃんにも伝わります。

・自分のカメラに慣れていること・・・撮影中は赤ちゃんに全集中しています。カメラの操作でモタモタしているのはシャッターチャンスを逃すどころか事故にも繋がり兼ねないです。余裕がなく慌てて撮影すると、レンズキャップをはずし忘れたり、レンズがしっかり付いていなかったりして赤ちゃんに落ちて大変な事になります。

もっと必要なことはありますが、今回は最低限度必要な事をお伝えしました。

③不安なことを解消してニューボーンフォト撮影にのぞむ

私自身の話になります。23年カメラに携わってきたので技術面だけでいうと問題なく撮れるはずなのですが、ニューボーンフォトを撮ることにすごく不安がありました。私の不安は赤ちゃんの事を知らないままニューボーンフォト撮影にのぞむことでした。安藤先生、浜脇先生にお話を訊き理解をすることにより、私のよくわからない不安はなくなりました。

同じ不安を持つ方は「ニューボーンフォト基礎講座1、2(新生児の知識)」をご受講ください。

人によって不安な事は様々だと思います。もし技術の面で不安をお持ちの方は協会の【はじめてのニューボーンフォト撮影技術講座】もご受講いただければと思います。

講師は、1400組以上の撮影経験をもつわたなべうにさん

マンツーマンレッスンで、受講することもできます。しっかり学びたい方におすすめです。

カメラを触った事がない方には、まずは私がカメラの使い方をレクチャーしています 😉

状況やカメラの技術レベルに合わせて提案させていただいてます。

一人一人とコミュニケーションをとれる協会でありたいと考えています。

運営 たけみき

ニューボーンフォト

講師 わたなべうにさん