放送大学名誉教授・臨床心理士・スピリチュアルケア師である瀧口先生に、ニューボーンフォトにおける不自然なポーズについてご相談させて頂きました。
お返事はすぐに届きました。先生ならではの優しさ溢れる言葉で綴られておりました。
多くの方に、何度もお読み頂きたいと願っております。
以下、瀧口先生からのメッセージです。

ニューボーンフォト

3人の子どもたちに、私は沢山の写真を残しました。
人生の途上で困難に出会った時に幼い日々の幸せを想って
耐え抜いて欲しいと願ったからです。

今は、赤ちゃんの写真撮影を専門家にお願い出来るとは素晴らしい。
子育て中なら、早速、撮影を依頼したいところです。

その時に、お願いしたいことは
1)ありのままの赤ちゃんの姿を撮影してください。
2)赤ちゃんの快い気持ちを尊重してください。
3)赤ちゃんにとって嬉しい体験であるように配慮してください。
4)撮影の技術は勿論ですが赤ちゃんの心身を尊重できる撮影者に赤ちゃんと家族にとって大切な写真を撮っていただきたい!
*
写真は子どもへの最大の贈り物です。


瀧口俊子先生

立教大学大学院文学研究科修了(心理学専攻教育学専修)
慶応義塾大学医学部精神神経科クリニカルサイコロジスト
立教女学院短期大学教授・幼児教育科学科長
京都大学研修員
京都文教大学人間学部臨床心理学科教授・心理臨床センター長
放送大学大学院教授
現在 放送大学名誉教授・臨床心理士・スピリチュアルケア師
専攻 臨床倫理学・深層心理学

赤ちゃんの心と体を優先する、自然な写真。
見映えを優先する、絵画のような写真。
人生の岐路で見返したい写真は、どちらですか?