当協会としての意見表明

先日、あるSNSサイト上で、当協会に関して過剰に資格を売りにしているかの投稿がなされていましたが、明らかに誤った指摘といわざるを得ませんので、当協会の設立趣旨を改めて掲載します。

当協会は、被写体である新生児について、カメラマンが持っている知識は非常に乏しく、新生児にとって危険な撮影になりかねないことから、ニューボーンフォトに携わるカメラマンに対し、新生児に関する正しい知識を広めるために設立されたものです。

当協会のミッションは、①赤ちゃんにとって安全なニューボーンフォトの知識を提供すること、②赤ちゃんはオブジェではなく、命と向き合うための知識を提供すること、③専門家と連携し、常に新しく正確な情報提供に努めることであり、カメラマンへの資格の付与を目的とするものでは決してないことをここに宣言します。

尚、投稿したSNSアカウント宛に、当協会 顧問弁護士 篠原一廣氏から抗議文をメール致しました。

2020年11月29日 一般社団法人ニューボーンフォト協会 代表理事 佐々木美紀