赤ちゃんとストロボ

 

新生児は日中・夜間とも一定のパターンで睡眠・覚醒していますが、1ヶ月もたつと日中の方が覚醒するようになります。概日リズムを作るためにも、日中は普通の明るさが必要です。しかし、感覚器官の中で視覚が一番遅く発達します。

在胎34週くらいになると、虹彩括約筋が発達し、瞳孔反射が効率よく働くようになってきますが、視覚機能は3歳くらいにかけて発達していきます。ですから、未熟な新生児期に直接当たるようなフラッシュ撮影は避けたほうがいいでしょう。