内田さん

島根県松江市 内田奈美さん

内田奈美さんは妊婦さんの安産を祈願してお腹にペイントするベリーペイント・アーティストとして活動しており、その一環としてペイントの撮影も行なっています。

ニューボーンフォトを手がけるようになったのは、何より「産後にも赤ちゃんの写真を撮ってほしい」というお客さまからの要望に応えるためだったといいます。

内田さんのニューボーンフォトへの思いと実際の撮影についてお聞きしました。

質問内容

― まずニューボーンフォト協会に所属されるようになったきっかけについて教えてください。

― 「これだ!」と思われたのは、他の団体とどのようなところが違ったのですか?

― 実際にニューボーンフォト協会の講座を受講された感想は?

― 現在はどのくらいの頻度でニューボーンフォトの撮影をされていますか?

― お客さまの口コミ以外の情報発信はどうされていますか。

― 撮影中に気をつけていることについて教えてください。

― そういう形での撮影ですと、口コミだけでなくリピーターの方も多そうですね。

― これからさらにニューボーンフォトについて学んだり技術を磨いたりしたいことはありますか?

― 依頼されるお母さんとしては、やはりその赤ちゃんらしい、そのときだから撮れる写真を残せると嬉しいでしょうね。

― これからニューボーンフォトを手がけてみたいと思っているフォトグラファーにメッセージをお願いします。

― これからニューボーンフォトを撮りたいと思っているプレママさんには、どういうことをお伝えしたいですか?

― ニューボーンフォトにはそういう効果もあるんですね。

― 最後にニューボーンフォト協会の活動について一言お願いします。

赤ちゃんとお母さんに寄り添うために正しい知識と撮影技術を身につけたい

― まずニューボーンフォト協会に所属されるようになったきっかけについて教えてください。

内田 私はもともとベリーペイントをやっていて、お客さまから「産後にも赤ちゃんの写真を撮ってほしい」という声がすごく多かったんです。それにお応えして「生まれたばかりの赤ちゃんも撮影したい」と思っていたとき、たまたまSNSで「ニューボーンフォト」をいう言葉を初めて知り、画像を検索してみました。

そうしたら、赤ちゃんが頬づえをついている写真や、雪だるまみたいにくるまれている写真がたくさん出てきて、「ああ、こういうのをニューボーンフォトっていうんだ」と思いました。もともと「もうちょっと撮影が上手くできたらいいな。ペイントだけでなくカメラの技術も向上させたい」と思っていましたし、ニューボーンフォトの資格もあわせて取りたいと思って、それからいろいろ調べてみたんです。

ニューボーンフォトの名前を冠した団体がたくさんあることがわかったので、問い合わせをして詳しいお話を伺ったのですが、私としては納得できないところがありました。そこで日本ベリーペイント協会の代表に相談したら、現在所属しているこのニューボーンフォト協会を紹介していただきました。お話を伺って「あ、これだ!」と思ったので入会することにしました。

― 「これだ!」と思われたのは、他の団体とどのようなところが違ったのですか?

 

内田 大きく2つあります。他の団体の場合には確かに撮影技術としては高度なのですが、私が最初ネットで見たような新生児が頬づえをついている写真やうつ伏せになっている写真が気になりました。「赤ちゃんにこんなポーズをさせて大丈夫かな」と思ったんです。可愛くて人気のある構図なので、検索するとたくさん出てくると思います。聞いてみると部分的に合成しているのだそうですが、やはり新生児には負担のあるポーズなので「私が撮りたい写真ではないな」と思いました。もう一つは、ほとんど講座が一人の講師で多人数のクラスを教えるものだったことです。私はもっと少人数でしっかり学べて、聞きづらいところも質問できる方がいいと思ったのです。

ニューボーンフォト協会の場合、あくまでも赤ちゃんのことを考えた撮影が前提です。赤ちゃんの身体の造りについても学びますし、実際にフォトグラファーとして現場に立っている人のお話を聞けるのが良かったです。

私に赤ちゃんを託してくださるクライアントさんの気持ちを汲み取りたいし、それには自分自身も新生児についてもっと知るべきだと思っていました。協会に入ることで技術はもちろん、知識も深められると考えました。

インタビューの続きはこちら

ニューボーンフォト