ニューボーンフォトニューボーンフォトグラファーわたなべうにです。

ニューボーンフォト撮影を控えるママに、どんな事が不安でしたか?というアンケートを行いました。
回答のダントツ1位は『赤ちゃんのコンディションが不安。泣いてしまわないだろうか?』という結果でした。
皆さんは如何ですか?

わずかな間にしか撮れない、貴重な写真。
撮影の時は、赤ちゃんがリラックスして、良い表情で撮影したいですよね。
赤ちゃんにストレスをかけたくありません。

では、赤ちゃんが安心して撮影時間を過ごすためには、どんな事に気を付ければ良いのでしょう。
沢山のポイントがありますが、今回は【お部屋の温度】について説明します。

撮影の際、赤ちゃんは薄着になります。そのため、室温は27℃程度が最適です。
大人にとっては暑いくらいですが、私達は季節に合った服装をしていることを忘れてはいけません。
また赤ちゃんの平熱は、36.5~37.5度と、大人より高めです。

お部屋が寒いと、赤ちゃんは体が委縮して泣きません。
(お着換えなどで産着を脱がせる時に泣くのは、急に寒くなってビックリするからです。)
赤ちゃんにとって寒いお部屋で撮影を続けていると、低体温になる心配があります。大きな病気に繋がってしまいます。
またお部屋が暑いと、ストレスが溜まって大泣きします。

撮影時の最適室温は27℃です。
赤ちゃんを優先にした環境を整えてあげてくださいね。

なお、撮影前後は窓を開けて換気も忘れずにお願いします。
感染症予防対策をしましょう。

赤ちゃんについてしっかりと学んでいるカメラマンは、このようなご案内が出来る筈です。
信頼できるカメラマンと出会ってくださいね。
生まれたばかりの小さな命を託すのですから。

わたなべうに

わたなべうに

☆1500組の実績 ☆
医学的見解に基いて安心安全に
撮影をしています💐