赤ちゃんの体を最優先にした正しいニューボーンフォト撮影の普及活動を行っています

認定講座

  • HOME »
  • 認定講座

協会認定講座

ニューボーンフォトを撮影するフォトグラファー向けの講座です。
正会員となるために受講が必須の講座となります。
非会員の方も講座のみ受講することができます。

2019年認定講座開催日程

  • 2019年4月18日(第3木曜日)【講座開催終了】
  • 2019年6月20日(第3木曜日)【講座開催終了】
  • 2019年8月21日(第3水曜日)【講座開催終了】
  • 2019年10月21日(第3月曜日)
  • 2019年12月18日(第3水曜日)

各日程時間
11時〜13時 ニューボーンフォト基礎講座1
14時〜16時 ニューボーンフォト基礎講座2

受講費用
協会会員 60,000円(税別)
協会非会員 100,000円(税別)

講座概要

ニューボーンフォト基礎講座1

第1章:新生児という存在
  1. 新生児の定義・分類
  2. 新生児の出生と統計
  3. 新生児を一人の人間として尊重する
第2章:新生児の身体的特徴
  1. 筋骨格系
  2. 姿勢・良肢位(脱臼防止・関節の動かし方)
  3. 神経系
  4. 呼吸・循環系
  5. 皮膚
第3章:新生児の生理的特徴
  1. 栄養(母乳・人工乳)
  2. 消化・吸収・排泄
  3. 体温調整
  4. 原始反射
  5. 睡眠リズム
  6. 五感の機能(聴覚・視覚・嗅覚・触覚・味覚)
第4章:新生児の成育環境
  1. 環境(室温・空調)
  2. 衣服・おむつ
  3. 感染防止
  4. 事故防止
  5. 抱き方、寝かせ方
第5章:新生児を持つ母親の心理と、コミュニケーション方法
  1. 新生児を持つ母親の身体的・心理的特徴
  2. 良好な関係を築くためのコミュニケーション法

ニューボーンフォト基礎講座2

第1章:乳児期の子育てについて
  1. 「心」を育てる情緒の基本
  2. 生活リズムを崩さない(授乳・睡眠・排泄・活動)
第2章:新生児の発達を守るために
  1. ストレスを減らす配慮
  2. 刺激過多によるひきこもりと泣き(光・音)
  3. 揺さぶられ症候群
  4. 未熟な心肺機能に配慮したポージング
第3章:撮影にあたって
  1. 環境設定(室温・照明・音・禁煙)
  2. 子どもの状態の確認(顔色等のチェックと、授乳・睡眠・排泄の時間)
  3. 不安にさせない配慮

講座講師

認定講座1

講師
濵脇文子
学歴
県立長崎シーボルト大学 人間健康科学研究科 修士課程 終了 看護学修士
国立保健医療科学院 専門課程II 地域保健福祉分野 終了
保有資格
助産師(アドバンス)・保健師・看護師
受胎調節実地指導員・トリプルPプログラムファシリテーター
外勤先
NPO法人 ちいきのなかま アドバイザー
足立区訪問指導・ファミリー学級業務委託
松が丘助産院
星薬科大学非常勤講師

認定講座2

講師
安藤真喜子
略歴
1952年6月10日生
1972年3月 千葉県立千葉保育専門学校卒業
1972年4月 総合福祉センター 弘済学園(神奈川)就職
1977年3月 退職
1977年4月 社会福祉法人九十九会 知的障害児・幼児通園施設 つくも幼児教室就職
1987年3月 退職
1993年4月 茂原市等の1歳半健診・3歳健診の心理相談員
1995年4月 ほどき心理相談所開設
現在
ほどき心理相談所 副所長
長南町1歳半・2歳児健診の心理相談員
大網木の花幼稚園 教育アドバイザー
長生村保育所 教育アドバイザー
特定非営利活動法人 外房ことばの会 相談員

お気軽にお問い合わせください TEL 080-4792-0529

メディア情報

ニューボーンフォト協会Podcastチャンネル

PAGETOP